Close
2019.10.09 [更新/お知らせ]
国際交流基金アジアセンターpresents 「CROSSCUT ASIA #06ファンタスティック!東南アジア」ラインナップ案内 俳優・永瀬正敏からメッセージ到着!

国際交流基金は、10月28日(月)に開幕する第32回東京国際映画祭で、アジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」を実施します。第6回となる今回は、「ファンタスティック!東南アジア」と題し、国際的に活躍する監督や人気俳優が監督したホラーやスリラー、SF、ファンタジー等、東南アジアの「摩訶不思議」を多様な視点でとらえた9プログラム10作品を上映します。
 
開催に先駆けて、283分に及ぶSF作品『停止』(19)で今年のカンヌを震撼させたラヴ・ディアス監督から、日本の観客に向けて熱いメッセージが寄せられました。激動のフィリピン近現代史に焦点を当ててきた彼が、近未来の祖国の姿を通して、全世界に警鐘を鳴らします。
→ラヴ・ディアス監督メッセージ(国際交流基金ウェブサイト)

俳優・永瀬正敏コンペティション部門に選出された、ディアスとポール・ソリアーノの共同脚本作品『マニャニータ』も必見です。また、本特集の特別ブックレットの巻頭インタビューに登場する俳優・永瀬正敏氏より本特集に向けてのコメントも到着しました。


<永瀬正敏メッセージ>
「アジア映画の底力を実感出来る貴重な機会。一人でも多くの方にじっくり体感して頂きたい。」

 
 
 
会期中には各作品の監督や出演者などが来日し、上映後のQ&Aセッションを予定しています。10月29日(火)には、アントワネット・ハダオネ監督(『リリア・カンタペイ、神出鬼没』/11)、シーグリッド・アーンドレア P・ベルナード監督(『それぞれの記憶』/19)、マティー・ドー監督(『永遠の散歩』/19)の女性監督3名を迎えて、「ホラー女子会の秘かな愉しみ」と題したシンポジウムを開催。東南アジア地域で不動の人気を誇るホラー映画について、女性クリエイターの視点から紐解いていきます。
⇒国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA ♯06 ファンタスティック! 東南アジア 作品一覧
 
アジア映画の魅力をさらに深掘り!CROSSCUT ASIA特別ブックレットを配布
CROSSCUT ASIAの魅力を掘り下げる特別ブックレットを今年も劇場で配布します。巻頭インタビューには、2017年TIFFコンペ部門審査委員を務めた国際派俳優永瀬正敏氏インタビュー、エリック・クー監督と石坂健治プログラミング・ディレクターの対談、乙一氏のエッセイのほか、映画人によるコラムやレビューなどを収録。さらに、観客の方を対象にしたプレゼントキャンペーンも実施!どうぞお楽しみに!
Crosscut 小冊子画像

新着ニュース
オフィシャルパートナー