Close
ニュースNews
利用規約/お問合せTerm of Use/Contact Us
2019.03.18 [更新/お知らせ]
アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!

『万引き家族』 最優秀作品賞・作曲賞受賞
役所広司さん(『孤狼の血』)最優秀主演男優賞受賞
塚本晋也さん(『斬、』)最優秀編集賞受賞

第13回アジア・フィルム・アワード
 
2019年3月17日(日)夜、香港TVB Cityにて東京国際映画祭が香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共に共催するアジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」セレモニーが開催され、『万引き家族』が最優秀作品賞・作曲賞(細野晴臣さん)をW受賞した他、役所広司さんが『孤狼の血』にて最優秀主演男優賞に加え、アジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称えるExcellence in Asian Cinema Awardを、塚本晋也さんが『斬、』にて最優秀編集賞を受賞と日本映画勢が主要部門で多数最優秀賞に輝きました。
 
セレモニーでは、AFA Next Generation Awardを受賞したキム・ジェジュンさんがパフォーマンスを披露。特別審査委員として渡辺謙さんが主演女優賞のプレゼンターを務めるなど、アジア全域よりスターが集まる大変華やかな式典となりました。
 
<是枝監督受賞コメント>
「ありがとうございます。AFAの授賞式は賞の結果よりも、尊敬するアジアの映画人たちと再会し、交流を深めることができることを一番の目的だと思って来ていますが、やはり賞を頂けると嬉しいものですね。昨年の9月に亡くなった樹木希林さんと最初に映画祭に参加したのもこの香港の映画祭だったことを先ほど思い出していました。来ることができなかったスタッフ、キャスト、そして樹木希林さんにも、戻ったらお墓参りをして報告をしたいと思います。本当にありがとうございました。」

 
<役所広司さん受賞コメント>
最優秀主演男優賞受賞時
「この賞を頂けるとは思いもよらなかったことで、なんだかこんなにAFAで幸運を頂いてしまったら、僕の人生の幸運を使い果たしてしまったのではないかと怖くてしょうがありません。でも日本で『孤狼の血』を作った仲間がびっくりするだろうし、喜んでくれると思います。本当に今幸せでいっぱいです。この受賞で『孤狼の血』をアジアの皆さんが見てくれるかもしれないということが、尚更嬉しくて仕方ありません。ありがとうございました。」
Excellence in Asian Cinema Award受賞時(英語にて)
「このような華やかな場に慣れていないので、人混みに隠れてしまいたい気持ちです。しかし、私も年を重ねてきているので、自分に受け入れるよう言いきかせています。私はこのような賞を頂くのに相応しいのでしょうか?逆の受け止め方になってしまうのかもしれませんが、頂いた賞にふさわしい俳優となるためにも、これからもより一層努力していくつもりです。このようなモチベーションを下さったAFAに心より感謝いたします。」
 
<塚本晋也さん受賞コメント>
「本当にびっくりしています。長いこと編集をしており、(編集は)映画の最後の楽しい作業ではありますが、いつが終わりかわからず、今回もとても難しかったです。実は30年間ずっと一緒に音楽を作って頂いていた石川忠さんが、この作品の編集の前にお亡くなりになってしまいました。石川さんがこれまで作ってくれた曲を全部聞いて、それを編集して、足りない分は石川さんの部屋にあった音楽を使いつくったものです。石川さんはこの作品を見ていないのですが、音楽は石川さんがつくってくれました。長い編集の期間、しみじみ石川さんと静かに対話できたことを思い出しています。ありがとうございます。」

 
<細野晴臣さん受賞コメント(英語/中国語にて)>
「ありがとうございます。とても驚いているとともに、この場にいられることを嬉しく思います。『万引き家族』の音楽はとても少なく、とてもシンプルなのに、(AFAが)私を見つけてくれて、とても幸運でした。これからもしっかり頑張っていきます。ありがとうございました。」

 
→AFA公式サイト(日本語)
→第13回AFA YouTube プレイリスト
 
第13回アジア・フィルム・アワード
 
⇒日本からのノミネート作品を含むノミネート作品一覧はコチラから

新着ニュース